『感謝と喜び』のために。

就労支援員
山口 真弘Yamaguchi Masahiro

Yamaguchi Masahiro

2017年入社

その人の大切な人生の中に“自分”という存在が関わらせて頂ける喜びと感謝の気持ちを持ってできる仕事だから。

『感謝と喜び』のために。

1日のスケジュール

  • 「出勤」職員朝礼、ご利用者の受入準備、事務処理
  • そ~じや班での朝礼、ゆらくの里にて浴室と食堂の清掃活動
  • 昼食
  • 委託を受けている老人保健施設にて浴槽とトイレの清掃活動
  • 片付け、終礼、記録記入、事務処理
  • 退勤

以和貴会を知ったきっかけは?

幼馴染の友達がきっかけです。その子とはよく遊んでいたのですが、ある時学校で、その子が他の子と違うからという理由で疎外されかけました。そんなことが起こってしまうことに対してすごくショックと同時に福祉の分野に惹かれたきっかけでもあります。
そのきっかけで障がい者支援施設で働きたいという思いが元々合って、他の福祉サービス事業所で働いてたんですが、就労支援について勉強したい気持ちもあって、1年前くらいに以和貴会にうつってきました。

インタビューの様子1

仕事内容について

ワークサポートセンター今人は掃除、内職、工房、販売の大きく4つに分かれていて、僕は掃除の「そ~じや」という部署で働いています。
僕は就労支援員として一般企業への就職に向けた就労訓練のサポートをしています。主に、そ~じやと言って近隣の特別養護老人ホームの施設や、以和貴会の施設の掃除をします。また、各就労関係事業所とも連携をとって、就労へと支援しており、就職後も継続して仕事ができるように相談に乗ったりして定着支援も行っています。

インタビューの様子2

『感謝と喜び』のために。について

僕が思っていることなんですが、障がい者の方って人との出会いが僕ら以上に少ないと思うんです。その機会が少ない中で僕らが出会って、関わることができるというのがすごく嬉しいという喜びと、一人の大切な人生の中で自分が関わる責任感もあるし、感謝と言う気持ちを持ちながら働きたいので、「感謝と喜び」という言葉を選びました。

インタビューの様子3

これから働く学生へのメッセージ

将来、“誰かの為に役に立つ仕事がしたい”と考えている方にはぴったりの職業だと思います。
障がいのある方との関わりの中で、考えることや何気ない喜び、やりがいを多く感じられるお仕事です。
自分自身も大きく成長できるので、是非一緒に働いてみませんか?

インタビューの様子4

OFFの姿

最近、テニスを久しぶりに始めました!
学生の頃、部活でテニスをしていました。
休日は友人とテニスをするのが楽しみになっています☆

オフの姿