『知りたいことを知る』のために。

生活支援員(成人通所)
坂本 瑞希Sakamoto Mizuki

Sakamoto Mizuki

2017年入社

将来自分がやりたいことのために、知ること、知り続けることで、どのように叶えていけばよいか、見えてくるのではないかと思ったからこの言葉を選びました。

『知りたいことを知る』のために。

1日のスケジュール

  • 「出勤」職員朝礼、ご利用者の受入準備、事務処理
  • 健康維持のための支援(健康チェック、ラジオ体操、散歩)
    内職作業への支援やリトミックなどの活動
  • ご利用者への食事補助、昼食
  • 内職作業への支援、創作活動、水浴訓練(プール)などの活動
  • ご利用者様退所 記録記入、事務処理
  • 帰宅

以和貴会を知ったきっかけ

私は以和貴会に入る前は精神障害を患われている方を支援するお仕事に就いておりました。たまたまその前職の会議でお知り合いになった方が以和貴会の方でした。その時に「良いところだよ」とご紹介いただいてから以和貴会について自分で調べてみると色々な事業をされているので一度見てみたいなと思って見学に行ったことがきっかけです。

インタビューの様子1

仕事内容は?

私のいる部署は重度の自閉症の方がたくさんいらっしゃいまして、それぞれ得意なことを仕事にして取り組むためのサポートをしています。その人の得意なことを活かして色分けが得意な人は色分けしてもらったり、シールを貼るのが得意な人はそれを仕事にしてもらったりしています。メインは利用者さんで私たちは必要な時にサポートしており、生活能力の向上やリハビリを兼ねて作業を行います。

インタビューの様子2

『知りたいことを知る』ために。について

私自身、福祉の仕事で働いてまだ3,4年目なので知らないこともたくさんあるんですけど、「コレについて知りたい!」っていう大きいものがあるわけではなくて、毎日利用者さんと接していたら、心の表現の仕方について知りたいなって思うことがたくさんあります。そのことを一つひとつ知っていくこと、それが将来自分のやりたいことに繋がってくるのではないかなと思ったので「知りたいことを知るために」という言葉を選びました。

インタビューの様子3

これから働く学生へのメッセージ

福祉の仕事って、やっていることのイメージがいまいちわからなかったり、漢字ばっかりのサービスで結局なにしてるの?って思っている方もたくさんいると思うのでとりあえず見学とかにきていただいてそこで「あっこんなことしているんだ」と知ってもらえたらいいと思います。興味をもってくださって、自分も一緒に働きたいって思ったらぜひ来てください。

インタビューの様子4

OFFの姿

お休みの日は、自分のペースで過ごせるようにしています。予定を決めて過ごす日もありますが、その日にやりたいと思いついたことをしています。

例えば、掃除が終わって時間があるから図書館へ行こうとか、時間があるからお茶をしようとか、ゆっくりと過ごせるようにしています。
時々、友達とごはんへ行って、何気ない会話をして、大笑いする事もあります。

仕事場のひととも、ごはんへ行ったり、共通の趣味のお話をして楽しむ事もあります。
また、働き始めてから感じたことですが、制服ではなく、私服で居れることは仕事とプライベートを切り替えられるひとつのモノになっています。

オフの姿