児童支援

放課後等デイサービスは、小学校1年生から高校3年生までの児童を対象に、個別療育や集団活動を通して支援をする場となります。
児童が成人期を迎えた時に社会で自立した生活を行えることを目標に支援をさせて頂いています。主に学校が終わってからの放課後支援となりますので勉強や自立訓練ばかりになりすぎないよう、遊びや好きな事などの余暇活動の時間に療育を取り入れ「楽しみながら学ぶ」ことを軸にしています。

ゲームをする中でルールを守ること、遊具の順番を守ることなどに対してもどのように示したら児童が分かり易いのかということをスタッフやご家族、学校の先生などと検討し、実施しています。また、様々な手立ての方法を経験してもらうことにより、成人期に繋げていけるよう支援をさせて頂いています。

ここで働く職員を知る

インタビューページへ

  • 入所支援
  • 就労支援
  • 児童支援